バゲットの旅#22 (GONTRAN CHERRIER)

2016.07.24 Sunday
あっという間に前回の旅から2か月ぶりですね。

実は1か月ほど前にアップしようとしたのですが、
誤って撮影した画像を消してしまうという
失態をしてしまいました。。
そのパン屋さんはまた今度再チャレンジしたいと思います。

今回のバゲットはこちら。







店名:GONTRAN CHERRIER(ゴントラン シェリエ)
商品名:「バゲットトラディション」
長さ:約48cm
横幅:約6cm(中央部分)
価格:¥300円(内税)

袋が黄色でかわいかったので、
今回は袋も撮影してみました。

バゲットの紙袋は白地に大きくロゴが入っています。
この手書き風のロゴ、お洒落でかわいい!

それでは袋から出してみましょう。




形はクープ部分がぷっくりふくらんでいて
枝豆の房ような感じ。

切り口は・・・




気泡は少し小さ目でしょうか。
バゲットの裏側には粉が多めに振ってあります。

そのまま食べてみると、やわらかでしっとりした食感。
香ばしい香りが漂います。

うーん、何かの香りに似てる・・・と
よく味わいながら記憶を探ることしばしの間。

ひらめきました!
えびのおせんべいの香りに似てるー。

翌朝焼いて食べてみると、やはり香ばしくて、
中はホットケーキの生地のようにしっとりもちっと、
そしてみっちりした感じでした。
ほのかな塩気もありです。

バゲット以外のパンもまるでケーキみたいに
お洒落で凝ったものも多かったので、
今度はいろいろと食べてみたいです。





それではまた☆







バゲットの旅#21 (Le Grenier à pain)

2016.05.16 Monday
昨日予告していたバゲットをアップです。

半蔵門駅の近くに行くことがあったら、
ぜひ購入してみようと思っていたお店です。

今回のバゲットはこちら。




店名:Le Grenier à pain(ル・グルニエ・ア・パン)
商品名:「バゲット」
長さ:約48cm
横幅:約5.5cm(中央部分)/ 約6cm(両端)
価格:¥324円(内税)


袋がシワシワしてしまってごめんなさい・・・
袋全体に食べ物や雑貨のイラストが散りばめられています。
中央にはパンを焼く職人さんのイラストが。

アクセントカラーは赤のようで、
テープや保存袋のビニタイ、持ち帰り用のビニール袋も
赤でした。(レジ奥の壁も赤でした!)

それでは袋から出してみましょう。




クープ(切れ目の立ち上がり部分)は高さがあって、
かつ薄くエッジもきれい。そして適度な焦げ目。
見るからに美味しそうな気配です。

写真では分かりづらいですが、中央が少し細くなっていて、
ウエストがシェイプされている感じ。

切り口は・・・




大き目の気泡がたくさんあり、
クラム(中身)は薄いクリーム色。

皮はパリッ、中はモチッとしつつ
適度なしっとり感。
小麦の甘さと風味がしっかり感じられます。

翌日焼いて食べてみると、
皮は軽めのパリッ・サクッ感で、中はモチッっと。

いつもは何かを乗せたり付けたりして食べているのですが、
バゲット自体に味わいがあるので、
今回はそのまま全部食べちゃいました。

皮の薄さやパリッと感がかなり好みです!
バゲットのパリッ・カリッのイメージよりも
お菓子のサクサク感の方が近いかな。

食感も味も大満足で、とっても美味しかったです。
さすがバゲットコンクールで優勝したバゲット。
またぜひ買いに行きたいです。

お店はマンションの1階に入っているのですが、
このマンションに住んでる方、毎日美味しいパンが
食べられてうらやましいなぁ^^



ブラウスの裾をスカートに入れて欲しかったわ。 byポピーちゃん(ごめんね。汗)


それではまた次回に☆







バゲットの旅#20 (BURDIGALA EXPRESS)

2016.05.06 Friday
先日「若冲展」を見に都心に行った際に
久しぶりにバゲットを購入してきました。

今回のバゲットはこちら。




店名:BURDIGALA EXPRESS(ブルディガラ エクスプレス)
商品名:「バゲット・グルマン」
長さ:約48cm
横幅:約7cm(中央部分)
価格:¥300円(内税)

白い袋にロゴのみのスッキリデザイン。

ちなみにどうして人形と一緒に撮影しているのか
最近ブログを見た方用にご説明をすると、
バゲットとの大きさ比較です。
(サイズ比較のたばこ的な・・・)

バゲットの旅#2より登場しています。
この人形は身長が約30cmで、いつも横に並べることで
パッと見てそれぞれのバゲットの大きさを感じて
いただければと。

それと、バゲットだけですと写真も地味?ですしね。笑
案内係をお願いしています。

話が逸れましたが、それでは袋から出してみましょう。





表面は所々に焦げがあり、裏面には
粉がたっぷりと付いていました。

切り口は。




大きな気泡がたくさん。
皮はパリパリで、中はしっとり。

モチモチというのではなくて、
水分が多いというイメージです。

お店のHPによると長時間発酵のバゲットだそうです。

翌日焼いて食べてみると皮はパリッで小麦の香りがして、
中は適度に水分が無くなりつつもしっとりでした。

こちらのパン屋さんは、先日テレビでカレーパンが
取り上げられたそうで、完売の案内板がありました。
いつか食べてみたいなー。




それではまた☆







バゲットの旅#19 (POMPADOUR)

2016.04.07 Thursday
とっても久しぶりに「バゲットの旅」更新です。
確認してみたら、前回は昨年の11月でした・・・。

先日、川口そごうへお伺いした際に
近くにありそうでなかなか無いこのお店を見つけたので
バケットを購入してきました^^




店名:POMPADOUR(ポンパドウル)
商品名:「バゲット」
長さ:約52cm
横幅:約7cm(中央部分)
価格:¥302円(内税)

この真っ赤な色に、黒くてどっしりとした
ロココ調の文字。
一度見たら忘れられません!

そのせいか、いつも近くにお店があるようで
見つけようとするとなかなか無い・・・のかも?
しれませんねー。

ちなみに「ポンパドール」と思っていたら
「ポンパドウル」でした。
話が逸れますが、前髪の「ポンパドゥール」
見るのもするのも好きです。笑
(髪型は「ポンパドゥール」と記載するようです)

マツコさんは「ポンパドゥール」&アップヘアに
してるのがいちばん好き。
って、更に話がずれましたね。ふふふー。

一日に何回もバゲットを焼いているようで、
焼き上がり時間が細かくボードに書いてありました。

それでは開けてみましょう。




全体的に厚さに丸みがあってパリッとした感じ。

切り口は。



大きな気泡がたくさんありました。
(写真を撮った切り口は少し少な目ですが)
カットした断面を見ると、高さがあって
やはり丸さがわかります。

久しぶりにバゲットの写真を撮ったので、
横断面にカットするのを忘れちゃいました。
すみません。汗

購入して保存用にカットする際もバリバリ
破片が飛びましたが、翌日焼いて食べてみると
手でちぎる時もあちこちに飛び散る飛び散る〜。
テーブルの上がパンくずだらけになりました!

それくらい皮はパリパリです。
パリパリ好きな方にオススメです。

食感は皮パリパリの、中はモッチリという感じで、
小麦の香りもふんわりと楽しめました。
気泡が大きいので歯切れも良かったです。




それではまた☆







バゲットの旅#18 (JEAN FRANCOIS)

2015.11.10 Tuesday
またまた久しぶりに「バゲットの旅」更新です。

以前購入しようとお店に訪れた際に
残念ながら売り切れとなっていたバケット。
今回やっと購入できました。

そのバゲットがこちら。



店名:JEAN FRANCOIS(ジャン・フランソワ)
商品名:「バゲット」
長さ:約53cm
横幅:約5.5cm(中央部分)
価格:¥367円(内税)


白い袋に黒のテープと、すっきりデザイン。
保存袋用のビニタイは紙でコーティングされている
艶消しのタイプで、長さも長めで留めやすかったです。
色は黒で統一されていました。
写真撮っておけば良かったですね。ゴメンナサイ・・・

それでは開けてみましょう。



第一印象は細目で長いという感じ。
その細さ加減と形がなんともかわいい印象です。

切り口は。



大きな気泡がたくさんありました。

袋を開けた時に甘い香りが漂いましたが、
そのまま食べてみると、とってもモッチリ&しっとり。

翌日焼いて食べてみても、
やはりこのモッチリ&しっとり感がありました。

おかず系も、ジャムなどの甘い系も
なんでもしっくり合いそうなバゲットです。

お天気が悪かったり、日が暮れてからの撮影で
写真が暗くてすみません。。




それではまた☆







バゲットの旅#17 (BREAD STORY)

2015.09.01 Tuesday
今日から9月ですね。
いよいよ今年もゴールが見えてきました。

「バゲットの旅」、久しぶりの更新です。

実は少し前に「LA TERRE(ラ・テール)」というお店の
「美瑛の風のバゲット」というものを購入したのですが、
サイズのメモを紛失、そして撮影した画像も誤って
消してしまうという失態。。。
また今度購入した際にアップできればと思います。

今回はこちら。



店名:BREAD STORY(ブレッド ストーリー)
商品名:「はるゆたかバゲット」
長さ:約35cm
横幅:約7cm(中央部分)
価格:¥260円(外税)

薄い白い紙でくるくると巻いてくれました。
シンプルで清潔感があって個人的には好きです。
中央の棒のようなものは保存袋用のビニタイです。
(ツヤ消しなのも統一感があって良い感じ!)

お店も同じ雰囲気で、シンプルで白とナチュラルな木の色で
統一されていました。

それでは開けてみましょう。




焼き具合も色が薄目で好きなタイプ。

北海道産小麦「はるゆたか」を50%使用しているそう。
開けた瞬間ほのかに甘い香りが漂いました。

切り口は。



大小の気泡がたくさんです。

そのまま食べると、少し塩けを感じて
香ばしさがあります。
食感はモチッとした感じ。

カットした際の切りかすを食べてみると
おせんべのような風味でした。

翌日軽く焼いて食べてみると、
気泡が多いせいか、とってもサックリ。

そしてパンを購入したら、太っ腹な試食品を
いただいちゃいました。




背後には、やはりぶちょおの姿が。笑

軽く焼いて食べたのですが、サクッとして
ほのかな甘みがあって美味しかったです。
商品名が分からずちょっと残念・・・。

ところで、こちらのお店。
ブランドサイトを見てみたら、
なんとアンデルセンでした。

パン屋さんってたくさんあるように見えて、
実は会社が一緒だったりって結構ありますねー。




それではまた次回に♪







バゲットの旅#16 (POINT ET LIGNE)

2015.05.06 Wednesday
GWはいかがお過ごしでしたでしょうか。
私は例年のごとく、遠出はせずに都心を
少しうろちょろとして終わりました。。

久しぶりに都心に出掛けたので、
バゲットを購入です。

前回の旅からかなり間が空いてしまいましたね。
本日のバゲットはこちら。





店名:POINT ET LIGNE(ポワンエリーニュ)
商品名:「十勝」
長さ:約22cm
横幅:約10cm(中央部分)
価格:¥420円(外税)

お店はシックで大人っぽくお洒落な感じなのですが、
袋も白×黒とすっきり。
(レジで紙袋orビニール袋を聞いてくださったのですが、
私はビニールにしました)

袋から出してみましょう・・・





透明のビニール袋の口を留めているビニタイも
黒で統一感がありますね。

バゲットはコロンとした形。
北海道十勝産の小麦を100%使用しているそうで、
甘い香りが漂います。

切り口は・・・




大き目の気泡がところどころに。
中は柔らかくてかなりしっとり・・・
というか「ジューシー」という言葉が思い浮かびました。
とてもしっとりしたカステラのよう。

リベイク不要のようですが、
翌日軽く焼いてみると
皮は薄くてパリッ、中はふわふわでモチッとして
美味しかったです。

バゲットと食パンの中間くらいのイメージでしょうか。
固いバゲットが苦手な方にもおすすめです。




それではまた♪







バゲットの旅#15 (こねないパン作り編)

2015.01.28 Wednesday
最近は都心に出掛ける用事がなくて、
残念ながらバゲットを買えていません。。。

そこでネットでパン情報をいろいろと見ていたら、
「こねないパン」を発見しました。

一時期パン作りにハマり、その時はこねていたので
興味津々です。
作ってみたい熱がふつふつと湧いてきました。




図書館でこちらの本を借りてチャレンジ。





うーん、膨らみが足りなかったみたい。
やっぱりパン作りは難しいー。





ちょっと失敗気味ですが、味は美味しかったので
またチャレンジしてみたいです。

大きさは直径約15cmくらいで、
材料費は1個¥59。
(使用する粉とドライイーストにより異なります)

でもオーブンを30分くらい使用するので
電気代の方が気になります・・・。







バゲットの旅#14 (カット&焼き方編)

2014.12.16 Tuesday
今日はバゲットをどのようにカット&焼いて
食べているかを書いてみたいと思います。

バゲットを食べるのは朝食のみなので、
上にトッピングしたりジャムなどを塗りやすく、
かつ皮のパリパリも楽しみたくて下記のように
カットしてます。



短いバゲットは同じような切り方で1/8にします。
一食分は1/12個 or 1/8個です。

購入後すぐにカットして付属の保存袋に入れ、
それを更にチャック袋に入れてから冷凍し、
食べる時に焼きます。

焼き方は、カット面(中側)をまず焼き、
最後に裏返して皮面を30秒〜1分焼いて食べています。
※使用しているオーブントースターの熱源が上にしか無いため

本当は冷凍庫に入れるときも1個ずつラップに包んだり、
焼く時はアルミホイルをかけたりなど・・・、
美味しく食べるために丁寧にしなくてはいけないようなのですが、
ラップ・ホイルの節約と、毎朝のことなので
できるだけ手軽に済ませています。

上下に熱源のあるトースターが欲しいなぁと思う
今日この頃です。







バゲットの旅#13 (VIRON)

2014.12.14 Sunday
本日のバゲットは、メゾンカイザーと並んで
ずっと食べてみたかった、こちらです。








店名:VIRON(ヴィロン)
商品名:「バゲット レトロドール」
長さ:約49cm
横幅:約5.5cm(中央部分)
価格:¥350(外税)

紙袋は表と裏でデザインが異なります。
ロゴはカチッとしていて、個人的に
ドイツの電化製品っぽい?印象を受けました。

それでは袋から出してみましょう。





写真では分かりづらいのですが、
クープ(切れ目の立ち上がり部分)はかなり高さがあって、
焦げが強めです。

切り口は・・・





大きな気泡がたくさんあります。

そのまま食べてみると、皮はバリッ、中はとてもしっとり。
まるでパイ生地の一層をはがして食べたようなしっとりさを
感じました。

翌日焼いてみると、皮はパリッ・サクッとして
中はしっとりしながらもサックり。
塩分、小麦の香りを感じます。

他のバゲットも、そのまま食べるのと焼くのとでは
食感や味・香りがもちろん異なるのですが、
このバゲットは一番差を感じました。
焼いて食べた方が全然美味しいー。
オススメです!

いつかあの、VIRONのセントル ザ・ベーカリーの
高級食パンも食べてみたいなー。





それではまた☆








calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others