趣味的写真 #4

2013.10.04 Friday
久しぶりに写真について書いてみようと思います。

Dollをよりキレイに撮影するために、レフ板効果を
検証してみました。

お金をかけずに家にあるもので・・・が基本ですので、
効果のほどはあまり期待しないでくださいね。笑

レフ板代りに使用するものは、「コピー用紙(A4)」と「アルミホイル」です。
どちらがより自分のイメージに近い結果が得られるかなと思い、
二つを比較してみることにしました。

撮影環境は、曇天・右側からの自然光・カメラはAuto設定です。
いつもは撮影した後に画像を明るく補正するのですが、
今日は効果が分かりやすいようにそのままの画像をアップします。
(全体的に暗くてすみません・・・)

モデルは“はじめてのバービー”ちゃんです♪
今日は髪の毛をアップスタイルにしてみました。
だいぶドレッシーなイメージになりますね。

まずは、Dollのひざに「コピー用紙」と「アルミホイル」を置いてみます。



左から、「無し」「コピー用紙」「アルミホイル」の画像です。


うーん、あまり効果が分かりませんね。。。

もう少し顔に近づけてみましょう。



左から、「無し」「コピー用紙」「アルミホイル」の画像です。


「アルミホイル」は、口角や首の部分に少し効果がわかりました。

次に、左斜め下に置いてみます。



左から、「無し」「コピー用紙」「アルミホイル」の画像です。


こちらは二つとも効果が分かりやすいですねー。
「コピー用紙」の方が全体的にふんわりした感じに明るくなりました。
「アルミホイル」の方は、少し光が強い感じがします。

最後に、「コピー用紙」でDollの背景を囲んでみます。



左斜め下だけよりも、更に全体が明るくなったような気が・・・

本当はカメラを三脚に固定して、「コピー用紙」と「アルミホイル」の
角度も同じにしなくては正確な結果はでないと思うので
ご参考までに。。。

撮影ボックスは効果があるのかなーと思っていましたが
今回の結果から、効果ありそうですね。

ネットで検索をしてみたら、100円ショップの材料(なんと合計300円!)で自作できるみたいです。
作ってみようかな♪







趣味的写真 #3

2012.08.11 Saturday
今日からお盆休みの方も多いのではないでしょうか。
私は販売系やIT系の会社で働いていたので、お盆休みに夏休みを
取れた記憶がなく・・・。涙

フリーランスになってから去年初めて遅めの夏休みを取らせていただいたのですが、
やはりお休みするってことは改めて大切だなぁと思いました。
体と心を休めることで、また頑張って働いたりいろいんなことを踏ん張れますよね。

さてさて、今日は憧れのイチデジがお家にやってきた時の
お話をしたいと思います。

イチデジに憧れ続けて早10年。
一生懸命働いて、いつか購入したいと思ってました。

電気店に用事があると、ついでにデジカメコーナーへふらりと寄っては
最新機種やら価格やらをチラリと見て帰ってくる日々。

でも長年待ち続けていたら、どんどんお手頃な価格になってきて
今年春頃、夏の新モデル発売前には古い機種の価格が急降下。
レンズ付きで3万円代までに下がりました!
なんとコンデジとほぼ同じ。

これは底値だと思い、とうとう決意をしてイチデジをお迎えしました。


Nikon D3100

機種は少し古いですけれど、初心者なので問題無しです。
たくさん機能があっても使いこなせないですしね。汗

私は望遠はあまり必要がないと思ったので、ダブルズームキットではなく
レンズキットにして、その代わりに短焦点のレンズをプラスして購入しました。
購入時はNikonとCanonとすっごく迷ったのですが・・・
最初の印象と写真の色味がナチュラルな感じがしたので
Nikonに決めました。

しかしすぐに持ち帰ることはできず。。

Nikonは受注生産とのことで、約1ヶ月待って
やっと手にすることができたのでした。

その間、図書館で初心者向けの本を何冊か借りたのですが、
私が一番分かりやすかったのがこちら。


「デジタル一眼レフカメラの撮り方手帖」
著者:MOSH books

つまづきやすい、絞りやシャッタースピードなどが
分かりやすく書いてあります。

実はミラーレス一眼に浮気しそうになった時期もあったのですが、
やはり一眼レフにして良かったなと思います。
重くてかさばりますけどね。。

現在ワイヤレスリモートスピードライトを狙い中。うふ。






趣味的写真 #2

2012.08.10 Friday
今回は写真教室に参加した時のお話をしたいと思います。

お話は6年ほど前に遡ります。

当時、一眼を想うあまり?体験講座はないものか・・・とネットで探してみると、
フジフイルムで「女性のための写真教室」というものがありました。
講座内容は一眼レフ(フィルム)を使用して街で撮影し、当日現像&講評も
してもらるというもの。
内容的にも満足&一日限りの手軽さもあり、こちらに参加してみました。

当日は生憎の小雨模様でしたが、雨のしずくが撮影できたりと
また晴れとは違って楽しく撮影ができ、一眼ならではの背景のボケ味も
堪能できました。


フィルムはリバーサルフィルム「PROVIA 100F」36枚を使用。
その中から2つ選んでスライドマウントに入れてくれました。
なんだかとてもうれしかったです。

その2つの写真がこちら。




フィルム撮影も味わいがあってよいですね。
いつかLOMOでも撮影してみたいです。

ところで。

街での撮影で無意識に自転車の写真を何枚も撮っていました。
趣味的○○にミニベロを選んだのも偶然ではなかったのかもしれません。
潜在意識って面白いですねー。

そして10年の時を経て、いよいよ憧れの一眼がっ!

そのお話はまた次回に。






趣味的写真 #1

2012.08.09 Thursday
趣味的ミニベロから少し間が空いてしまいましたが、
今日は「趣味的写真」のお話をしたいと思います。

写真への興味は、現在の土地に引越しをしてきたところから
はじまります。

以前は都心に住んでいたのですが、こちらに移ってきたらば
空がなんとも広いこと!!

一日中空を見ていても飽きないほど、雲の形や色が刻々と変化して
「こんなきれいな空を写真に撮ってみたい」と思ったのでした。

それが今から約10年前のできごと。

その時はまだまだデジカメも高価で性能も低め。。
ちょうど一眼レフのデジカメが出始めた頃で、
約30〜50万円くらいしていた記憶があります。
(現在でもプロ用の高性能なものは高価ですけれど・・・)

いつしか一眼のデジカメを購入したいという
憧れの始まりでした。

一眼は無理でも少し良いデジカメが欲しいなと
当時頑張って購入したのがコチラ。


フジフイルム
FinePix4900Z(2000年発売)


見た目は一眼ぽいけれど、一眼ではないのです。笑
けれどその当時は結構高機能で、購入価格も約8万円くらいしました。
今から考えるとすっごくがんばった。。。

画素数は240万画素。
現在の最新機種に比べるとびっくりするほど低いです。
でも意外とキレイに撮れていたのですよ。

当時撮影した写真はこんな感じです。








そして、つのる一眼への想いから一日限りの写真教室に参加したのでした。

そのお話はまた次回に。






1

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others